思い出

「南郷応援隊」のブログは、今回で100回目です。今までの思い出を振り返ってみたいと思います😄



2017年12月の有楽町の東京国際フォーラムで開催された「CRAFT SAKE DAY FUKUSHIMA」です。



今ではすっかり恒例となった「日本橋ふくしま館 ミデッテ」での試飲販売会。2018年5月に初めて実施しました。この時にたくさんのお客様にお買い求めいただいたのをきっかけに、ミデッテでお酒をおいていただけるようになりました。今では常時2~3種類の商品を店頭でお買い求めいただけるようになりました。



2018年6月、社長が文京区の白山神社の氏子であることがご縁で、神社内の松尾様 (お酒の神様) に矢澤酒造店の酒樽を奉納しました。



私が勝手ながら2018年7月5日を「南郷の日」と制定。「南郷」のお酒を応援するために、このブログを開始しました 📝



2018年8月、渋谷での「ふくしま美酒体験」です。



2018年10月、六本木での「ふくしまフェス」。大きい背中が頼もしい🎵



2019年2月、矢祭の酒蔵でお酒の仕込み中の社長。蒸米を放冷しているところです。東京にいらっしゃる時と表情が違います。



福島県矢祭町の酒蔵近くの田んぼ。小さく見えているのが水郡線。蔵にお越しの際は「南石井駅」または「東舘駅」をご利用ください🚃



2019年6月、文京区の白山神社のあじさい祭りに出店時。「銀箭」用に準備したグラスがお客様に好評でした。あ、もちろんお酒も大好評でした🍸



大切な酒米を保管する米蔵。緑豊かで、久慈川の恵みを受けている福島県矢祭町です。



2019年7月、福島県西郷村でのイベント「青空バル」。女性蔵人たちが遊びに来てくれました。一升瓶があっという間に売れてしまったのが、思い出です。



2019年9月、SL広場でのイベント。暑い日でしたが、たくさんのお客様がいらっしゃいました。東京生まれ、東京育ちの社長が福島の酒蔵を継いで2年以上経ちました。この頃から福島の地理についても少し詳しくなり、福島出身のお客様とも話が弾むようになりました😄



お酒の仕込みが始まっている12月ですが、東京国際フォーラムで開催された「ふくしま大交流フェスタ」に参加。



2019年12月、杜氏さんとタンク内の醪の様子を確認中。



2020年2月、酒米の吸水率を計算中。


2016年12月、藤井酒造店から矢澤酒造店になり、これまでに「南郷 純米吟醸 無濾過原酒」、「特別純米酒 銀箭」、「純米大吟醸 白孔雀」、「こんるり (ブルーベリー甘酒)」、「南郷 吟醸 無濾過原酒」、「南郷 生詰 吟醸酒」、「大吟醸酒 月と虹」の新商品を発売。従前のお酒と共に美味しいお酒が増えています。これからも応援し続けます❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です