東京で「南郷」を呑もう!_2回目

東京で「南郷」を呑もう、ということで春に続き再び集まりました。
お店は前回と同じ、新橋の「ピアシス」さんです。
「ピアシス」さんは、東日本大震災後、福島県のお酒の仕入れを通して福島応援を始めたお店で、「南郷」の他にも福島のお酒がたくさんあります。
矢澤社長はご予定があり、今回も欠席。


お店に到着すると、店長さんが「矢澤社長から連絡があって、「銀箭」と「純米酒」を用意してお待ちしてましたよ~。」と笑顔で出迎えてくださいました。春は「南郷 純米吟醸無濾過原酒」をたくさんいただきました。今回は「特別純米酒 銀箭」をたっぷりいただきましょー ✨✨

今にも雨が降り出しそうで蒸し暑い日でした。まずはビールで乾杯して、喉を潤しました。

「銀箭」は綺麗な青色の瓶です。裏ラベルには、「紙ひかうきを 雨の銀箭 ぬらす午後 幼は魚のごとく 眠りぬ 」と、和歌が書かれています。その和歌に呼応するように表ラベルには、水紋がデザインされています。ラベルデザイン担当の方のお話では、当初は、銀箭(銀の矢)のように雨が降り注いでいる様を考案していたそうですが、最終的には「瓶の青色」と、「ラベルの水紋」で清清しい感じを表現したとのこと。水紋の線の繊細さ、薄い色合いが「銀箭」の淡いガス感のイメージとマッチしています。


1月の福島県矢祭町の矢澤酒造店見学、6月の紀尾井ホールでのコンサート(社長のお父様の一周忌)のことなど、思い出話で盛り上がりました。
また、家族の話や仕事の話などもありました。今回は関西出身者4名と関東出身者4名の計8名でした。関西の方はお話が上手ですね。関西弁でお話されると面白さが倍増するから不思議です😄


「銀箭」を楽しみ、外の蒸し暑さからも開放され、後半は「南郷 純米酒」をいただきました。お魚料理にも、お肉料理にも合います。「南郷 純米酒」は旨味が十分あるのに、キレが良いので、飲んだことを忘れてしまう(?)感じで、また次の一口・・・と飲み過ぎてしまうので要注意です⚠️


たくさん笑っているうちに閉店時間になりました。「ピアシス」さんの美味しいお食事をいただきながら、「南郷」のお酒が食中酒であることをあらためて実感した楽しい会でした。

いつも美味しいお食事を用意してくださる「ピアシス」さん、ご馳走さまでした🍴


皆で、矢澤酒造店を応援していまーす✊‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です