段ボールの組み立て作業

久しぶりに矢澤酒造店を訪問しました。

涼しげな風鈴の音が出迎えてくれました🎐

酒蔵の皆さんは相変わらずお元気でした。「これ、今日中に全部やらなきゃいけないのよ~💦」などと言いながら、忙しそうに作業されていました。確かに出荷準備中のお酒がたくさんありました。


日本酒の仕込みをしていないこの季節は、杜氏さんも出荷に向けてお酒の化粧箱にシールを貼ったり、お酒を台車で運んだり、色々な作業をしていました。


冷蔵庫の前に靴 ❔❔


要冷蔵のお酒のラベル貼りや袋詰めは、冷蔵庫内で作業しているそうです。長袖にひざ掛け、頭も帽子を被りしっかり防寒していても寒そう ❄


冷蔵庫のドアを開けっぱなしにすると温度が上がってしまうので、早く締めないと!


蔵の皆さんが出荷作業に追われていて忙しそうなので、何かお手伝い出来ることはないかしら?と申し出たら、段ボールの組み立て方を教えてくださいました。

まずは四合瓶が2本入る段ボールを組み立てます。


次にこの複雑な形の紙を折れ線に沿って組み立てます。


組み立てるとこんな感じ


これをひっくり返して、最初に組み立てた段ボールの底に2つ嵌め込んだら、完成です。お酒の台座にあたる部分です。

この箱を45個作りました。「猫の手」くらいのお役には立てたでしょうか・・・

今、気づきましたが、矢澤社長の写真を撮るのを忘れていました。が、お元気でした☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です