南部杜氏清酒鑑評会_優等酒

毎晩、美味しく矢澤酒造店のお酒をいただいていますが、昨夜は特に美味しかったです🍶 何故かというと・・・


6/16の福島民友の記事、「優等酒に福島県内18銘柄 南部杜氏清酒鑑評会」です。タイトルを見ただけで緊張しました。ドキドキします。ドキドキにはヒヤヒヤ系のドキドキとワクワク系のドキドキがあります。もちろん、今回はワクワク系のドキドキです♥


ありました~❗「南郷」の文字が。吟醸の部で優等酒に選ばれました✌ 吟醸の部は全国127の蔵から294点が出品され、福島県内の蔵で11銘柄が優等酒、そのうちの1つが矢澤酒造店のお酒です。

どのようなお酒か、矢澤社長に伺ったところ、「品評会用に、香り高く、雑味の少ない透明感のあるお酒を目指した。」とのこと。あぁ、ぜひ飲んでみたいです。このお酒は販売予定だそうです。詳細が分かりましたら、このブログでも紹介します。


矢澤社長は今、どんなお気持ちなのかしら?ピョンピョン跳ねたり、でんぐり返しをしたりして大喜びしているのかしら?と思いましたが、ご本人は「酒質について南郷らしさはひとまずおいて、製造技術のレベルを審査していただくために参加したので、優等酒と認められて単純に嬉しい。」と、なんとも受験生のように淡々としていました。


2016年12月に、酒蔵を継ぐまでは酒造りに無縁だった社長ですから、「製造技術を審査していただく」のは社長の本意だったでしょう。東京でお会いする社長と福島県矢祭町の酒蔵でお酒を仕込んでいる時の社長は違う雰囲気です。矢祭町にいらっしゃる時の社長は「眼」だけでなく「眼の周り」も力強く感じます。それくらいお酒造りに没頭しています。仕事として当然のことでしょうが、社長がひとつひとつの過程を丁寧に、確実に、考えながらこなしている様子が思い出されます。


地元紙では、小松杜氏の「大変誇らしく、うれしい。仲間全員で頂いた賞」というコメントが紹介されていました。酒蔵の皆さんの笑顔が思い浮かびます。私も南郷応援隊として、大変うれしく、昨夜のお酒はとびきり美味しかったです🎵


「次の目標は全国新酒鑑評会での入賞」と仰る小松杜氏と共に働く蔵の皆さん、矢澤社長をこれからも応援し続けます❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です